賢い保険会社選びを!

自動車を所有し、運転をするという事は、交通事故と 背中合わせになり、運転している瞬間は事故を起こす 可能性があるという事を忘れないようにして下さい。

万が一の事があったとしても、車保険に入っていれば 金銭的負担を減らすことができるので、サイアクの事態だけ は避けることができます。

「事故なんて起さないよ」

そういって、事故を起した後に後悔しない為にも 車保険の知識をシッカリとつけて、賢い保険会社を 選ぶようにして下さい。

何度も言いますが、車保険は万が一に備えて加入する もので、何より事故を起さない安全運転を心がけて楽しい カーライフを送って下さい。

また、あなたの自動車保険の保険料を今より安くしたいなら、下記の無料サービスが役立ちますよ。

自動車保険比較しておきましょう。
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

保険会社の見直しをしてみませんか?

車保険の保険料を安く出来る事は知っていても、 何をどうしたらいいのか分からなかったり、どこの 車保険会社が一番安いのか頭を悩ませてしまう かと思います。

多くの人が、車保険の見直しをしなければと思い つつ、そのままにしており高い保険料を払っているのが 現状だと思います。

車保険は一年契約が多いので、毎年見直しの機会が 訪れます。この見直しの機会を利用して保険料を安く するように取り組みましょう。

かといって、いきなり車保険会社を変更するのは 大変勇気がいりますので、変更の前に見積もりを してもらうようにしましょう。

見積もりは無料ですので、一番安い車保険会社を 候補としてあげ、その他の条件を詰めていけば 自然と一番安い車保険会社に巡りあえるでしょう。

↓ 最短5分!カンタン無料の自動車保険見積もりはこちら ↓

自動車保険見積もりしておきましょう。
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

保険料の割引について

車保険の割引サービスを活用して保険料を 安くする方法について説明したいと思います。

保険料を安くしたいというのは誰もが願う事です よね。その願いをかなえる方法があります。

実は、車保険会社との契約を結ぶときですが、 この契約方法によって保険料を割引してもらう事が できます。

まず、一般的なのがインターネット割引です。 インターネットを利用して契約をした場合に 通常の価格より安く契約をする事ができます。

また、1年以上無事故の人が満期日の一定日数前の 期間に契約更新をすると割引になるお早め割引も あります。

会社で車保険に加入する場合は団体割引が適用され 車保険料の割引がされます。

このような方法で契約をすると保険料を安くできるので 覚えておくと得ですよ。

お得なETCカードは複数枚作っておきましょう。
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

保険料以外のポイント 事故後のサポート体制

車保険会社を選ぶときのポイントとして、 保険料があると思いますが、その他にも確認して おく必要がある項目がいくつかあります。

そのうちの一つが事故を起こした時のサポート体制です。 サポート体制の規模や拠点数、事故処理をするスタッフの 人数が一つの指標になります。

車保険では、事故を起こしてしまった場合に、 事故の処理や事故証明の取得や示談などの対応が 発生してくるのでサポート内容の確認をチェックして おくようにしましょうね。

生命保険比較も検討しておきましょう。
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

保険料以外のポイント 保険会社の信用度

車保険の保険会社を選ぶときのポイントとして、 保険料があると思いますが、その他にも確認して おく必要がある項目があります。

ズバリ、保険会社の信用度です。 信用度を計るポイントとして重要なのが格付けと ソルベーシンマージン比率の2つです。また、 株式上場している会社なら加入時の株価も参考に する事ができます。

その他にも、車保険会社の親会社や金融グループに ついてチェックを怠らないようにしましょう。 特に、外資系や異業種系の場合においては会社の全体的な バランスを見るのにバックグラウンドの情報のチェックを 欠かすことはできないです。

車保険においても自己責任が求められている時代です ので、信用度のある保険会社の車保険に加入する様に しましょうね。

車 人気
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

車両保険について

車保険には、自分の車の補償をしてくれる 保険があります。

それが車両保険なのですが、自動車をぶつけて傷つけて しまったり、誰かにぶつけられたり、または悪戯で 10円傷を付けられたりした場合に補償をしてくれる 保険です。

車保険には7つの保険がありますが、故意ではない 事故で自動車に損害が出た場合に補償をしてくれるのは 車両保険のみです。

車保険の保険料の中で、車両保険の占める割合は 結構大きいので、どのようなに保険をかけるかは シッカリと考えるようにしてください。

後は、無駄な事故を防ぐためにカーナビの設置は必須です。 ETCのことなどを考えると渋滞も緩和します。 この機会にカーナビ通販などで の購入を検討して下さい。

ETCカード申し込み
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

搭乗者の事故についても考えましょう

交通事故を起こした場合、怪我をするのは運転手 だけではありません。事故を起こした時、搭乗者が いれば搭乗者も怪我する事が考えられます。

そういった意味で事故の確率を軽減するためにはトーカ堂のカーナビなどの設置が必須ですね。

あと、車保険は、対人賠償と対物賠償の2つに備える 事が優先ですが、搭乗者を乗せて車の運転する機会が 多い場合は搭乗者の賠償にも準備をしておきましょう。

搭乗者への賠償は自賠責保険が適用されるのですが、 搭乗者が家族の場合には人身傷害保険に加入して いないと保険料が支払われません。

交通事故で搭乗者が怪我をしてしまった場合、対人賠償 保険や自賠責保険で補償する事ができます。

ただ、自分や家族の場合だと、通常加入している自動車 保険では、十分な補償を受けられない場合があるので 注意する様にして下さい。

ETCカード 比較
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

対人賠償保険は無制限で

対人賠償保険は無制限が常識です。

・2億円 ・無制限

対人賠償保険のプランには、この2つがあるのですが、 保険料は大差なく、万が一の事を考えた場合は無制限 プランに入っておいた方が良いです。

対人事故の場合、相手方から請求される賠償額はカンタン に億単位になってしまうケースが珍しくありませんので、 2億円プランで補えない場合も十分に考えられます。

そのため、対人賠償保険のプランは無制限が常識と ドライバーの中では決まっているのです。

ただ、対人賠償保険をはじめとする車保険は 万が一の時の為に加入するものなので、あくまでも 事故を起こさない安全運転を心がけて下さいね。

車ローン
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

まさかのための対人賠償保険

自動車を運転する事は、人を撥ねて死亡させて しまう危険性がある事は知っていますよね。

対人事故を起こしたドライバーの多くは事故後に 「まさか自分が人を撥ねるなんて…」と口にしている そうです。

その”まさか”の状況に対応しているのが対人賠償 保険です。対人賠償保険は、交通事故で他人を怪我 させてしまったり、死亡させてしまった場合、相手方 から賠償金を請求された時に適用される保険です。

自賠責保険でも対応する事はできますが、自賠責保険の 支払い額だけでは対応できていないのが現状ですので、 ”まさか”の事態に対応できるように対人賠償保険への 加入を行っていた方が安心ですね。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

ダイレクト保険って最近よく耳にしますよね?

車保険会社の中に、ダイレクト保険会社があります。 ダイレクト保険会社の特徴として、インターネットや 電話で車保険に加入できる事があげられます。

家の近くに車保険会社や代理店が無かったり、 店舗に足を運ぶのが面倒な人にとってはメリットが 大きいですが、インターネットや電話で車保険の 加入を行うことに抵抗を感じる方も多いと思います。

ただ、ダイレクト保険会社の多くはインターネットを 使って、無料で保険料の見積もりが出来たり、インターネット 経由での申し込みをすると保険料の割引が行われたりと 様々なメリットがあります。

ただ、リスク分散型型の車保険が主流な為、全ての 保険がダイレクト保険会社で契約できるワケではありません。

マイカーローン
posted by 車@保険 | 車 保険 情報

車保険どうやって選びますか?

私たちが加入する車保険ですが、加入方法には 二通りあります。

・保険会社と直契約する場合 ・保険代理店を通して契約する場合

以前は、代理店を通して車保険に加入するケースが 多かったのですが、最近は車保険が多様化してきて おり、代理店を通さずに車保険会社と直接契約する ケースが増えてきている様です。

この背景には、車保険料率の自由化があります。 車保険会社によって保険料を設定出来るようになったと 同時に保険会社毎にサービスや商品に個性が出てきた事が 直契約が増えている事と繋がっています。

大切なのは、適切な補償と支払いに無理が生じない保険料の 2つの条件ですので、これらの条件がマッチする車保険 会社を探してみましょう。

車保険の契約内容を変えたり、保険会社を変える手続きは 面倒な事ですが、無駄なお金を払い続けない為にも保険内容の 検討を行い賢い保険選びをしましょう。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

純保険料と付加保険料

私たちが車保険会社に支払っている保険料ですが、 この保険料が、どのように使われているかを知ってますか?

この保険料ですが、全てが交通事故を起こしてしまった時の 保険料に当てられているワケではありません。

意外でしたか?

全ての保険料を支払いに充当してしまったら、車保険会社の 利益がゼロになってしまうので当然と言えば当然の事です。

保険料は、純保険料と付加保険料の二種類に分けられて 使われています。純保険料は、私たち加入者が事故を起こして しまった場合に当てられる保険料の事で、付加保険料は、保険会社が サービスを提供する上で必要な事業経費や代理店の手数料などが あります。

現在、車保険会社によって、保険料が異なっていますが、 この付加保険料の内訳が各保険会社によって違っているから 結果として同じ車保険でも保険料に違いが生じているワケ ですね。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

任意保険の意義と必要性

私たちが当たり前のように加入している車保険ですが、 どうして車保険に加入するのかを考えたことがありますか。

法律での加入を義務付けられている自賠責保険に加入するのは 仕方ないとしても、任意とされている任意保険に加入する ドライバーは全ドライバーの8割だそうです。

任意なんですよ?

しかし、8割のドライバーが任意保険に加入しているという事は 2割のドライバーは任意保険に加入していないワケですよね。

この数字、どう思います?

車を運転するという事は、事故を起こす可能性がある という事にも関わらず任意保険に加入しないドライバーが 存在する。つまり、「自分は事故と無関係」と思って運転を しているドライバーがいるワケです。

そう考えると2割という数字は高い事が分かりますよね。 どんなに安全運転を心がけていても、急に道から車が飛び出して きたり、前を走っている車がウインカーも出さずに割り込みを してくる事は考えられますし、その事が原因で交通事故を 起こしてしまう危険性があります。

車保険に加入する意味は、運転する事で引き起こされてしまう あらゆる状況に対応する為であり、万が一の事態での金銭的負担を 軽減する事だと考えられます。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

偶然の車の破損に対応する車両保険

車保険の種類の中で、車両保険というのがあります。 車両保険は、自動車が偶然の事故で破損してしまった時に 適用され保険料の支払いが行われる保険です。

ここで言う、偶然の事故とは、当て逃げや落書き、盗難、 爆発などです。これらの事故に巻き込まれた場合に車両 保険に入っていると、車両保険が適用されます。

車両保険の保険料は、契約している車の時価によって異なって おり、500万円の車に50万円の保険金額だったり、20万円の 中古車に200万円の保険金額はつける事ができない仕組みなって います。

契約している自動車の時価によって補償金額が異なっている というのが車両保険の特徴だと言えますね。 つまり、車両保険は条件に合わせて保険を決める事で保険料を 安く抑える事ができます。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

意外なポイント!車の安全性能と保険料の関係

車保険の保険料を安くする方法はいくつか存在 しますが、その中の一つに乗っている自動車の機能 というものがあります。

最近は、交通事故による死亡を防ぐためにエアバッグ などの安全機能が搭載されていますが、このような、 安全機能が搭載された自動車は他の自動車に比べて 事故を起こす可能性が低くなるので、保険料の割引が 行われます。

例えば、エアバックが搭載れている自動車の場合、最大で 15%の保険料の割引が適用されます。これだけでも 凄くお得ですよね。

また、同じエアバッグでも助手席にエアバッグが搭載されて いるかどうかによっても、保険料の割引率に関わってきます。 保険料を少しでも安くしたい場合は、車保険会社以外にも 乗る車の安全機能の選択も行うようにしましょう。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

車保険の「等級制度」ご存知ですか?

無事故のドライバーと頻繁に事故を起こすドライバーの 保険料が違うって事を知っていますか。

車保険には等級制度があり、この等級によって 車保険の保険料が割引になったり割増になったり します。

もちろん、無事故のドライバーは割引になり、最高で6割の 保険料が割引されます。逆に頻繁に事故ばかりを起こして いるドライバーは最高で保険料が5割も上乗せされてしまい ます。

この等級制度は、契約更新の時や車保険会社の変更を した場合にも引き継ぐ事が出来ます。つまり、事故を起さなければ どの車保険会社と契約をしても安い保険料になりますし、 事故ばかり起こしていると、保険料の負担が大きくなってしまう ワケですね。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

保険料の自由化とサービスの多様化

以前は、どこの保険会社も保険料が同じで、どこの 車保険会社に加入をしても損得はあまり関係が ありませんでした。

しかし10年ほど前に車保険料率の自由化が行われ その事により各車保険会社で保険料を自由に設定できる 様になりました。

つまり、この車保険料率の自由化により、私たちには自動車 保険会社を選ぶ必要性が出てきたワケですね。

現在、車保険会社は顧客サービスを充実させ、顧客の獲得を 激しく争っています。次々に新しいサービスを提供したり、インター ネットを使って割引制度を導入したりと日々サービスの改善に努めて います。

これは、顧客となる私たちにとっては非常に有難い事だと思いませんか。 また、サービスだけでなく、保険料も低価格化の傾向にあり年々保険料の 平均が下がってきています。

この事は非常に嬉しいのですが、私たちはどこの保険会社が一番いいのかと 考える必要があり嬉しい悩みを抱えています。このような車保険会社の 世界ですが、私たちが保険料で損をしない為にも複数の車保険会社の サービス内容を知り、自分のカーライフにあった車保険会社と契約を しましょう。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

任意保険で自賠責保険のカバーを

自賠責保険は、対人のみが補償対象となっていましたが、 対人以外の補償を行う保険として任意保険があります。

任意保険は、名前の通りドライバーが任意で加入する保険で 加入を義務付けられている車保険ではありません。

任意保険に加入する人は、自賠責保険の最高支払額で 払えない金額を補うことを考え任意保険に加入している ケースが多い様です。

また、任意保険は人身事故以外の事故、つまり、人の家の 塀に車を突っ込み壊してしまった場合や、街の店舗に車を ぶつけて破損させてしまった場合など対人以外も補償対象 になっています。

交通事故の割合は対人より物損事故が多いので、その事を 考えると任意といえども、万が一の事態に備えて任意保険に 加入する事は賢い選択だという事が分かると思います。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

自賠責保険の限界

車保険の中で加入を義務付けられているのが 自賠責保険です。

自賠責保険は、自動車だけでなく、原付バイクを所持して いる場合においても加入を義務付けられている車保険 です。

つまり、公道を走る乗り物は自賠責保険に入らないと 運転できないワケですね。乗り物を運転するという事は 事故を起す可能性があるので、運転する責任を持つという 事もあり自賠責保険が義務付けられていると考られます。

自賠責保険は、対人のみが補償対象となっており、交通事故に 巻き込んでしまった相手方の自動車やお店や人の家は対象です。

自賠責保険の目的は、最低限の補償の確保なので、当然と いえば当然でしょう。

さらに、最高支払額の上限が四千万円なので、何億もの高額賠償 に対応していないので、万が一の事を考えたら自賠責保険以外に 任意保険などに加入をして、あらゆる事態に対応できる準備を する事がドライバーには必要になってきます。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報

車保険正しく理解できていますか?

車保険という言葉は聞いた事があると思います。 でも、車保険を正しく理解できていますか?

普段、当たり前の様に自動車に乗っていますが、事故を起こして しまう危険性があります。車と事故は背中合わせですからね。

おそろしい…。

そんな万が一に入っているのが車保険です。 ほとんどのドライバーが車を購入すると同時に加入している自動車 保険の役割ですが、事故を起こした時の金銭的負担を軽くするものです。

もし、車保険に入っていない場合、賠償金が億単位になってしまう ケースも珍しくはありません。でも、車保険に入っていれば安心です。 万が一、事故を起こしてもその金銭的負担を軽くしてくれます。

posted by 車@保険 | 車 保険 情報